2015年07月17日

保障法案




安保法案、国民支持広がらず 各社調査で「反対」目立つ:朝日新聞デジタル
安全保障関連法案をめぐり、朝日新聞のほかにも各報道機関が世論調査を実施している。6~7月の各調査結果をみると、質問の仕方は微妙に異なるが、法案への国民の支持は依然として広がっていないことがうかがえる。 内閣不支持42%、支持39% 朝日新聞世論調査 (続きを読む)

安全保障法案に反対する働く若者の会・宣伝活動(東京・新宿) - レイバーネット日本
安倍政権は7月15日、戦争法案(安全保障関連法案)を衆議院安保特別委員会で強行採決しました。多くの憲法学者が違憲と判断し、国民の6割が反対する世論を無視した暴挙です。 安倍政権は16日の衆議院本会議でも強行採決を狙っています。安倍政権の暴走を許さず、 (続きを読む)



今国会の最大の焦点である安全保障関連法案が『戦争できる』法案ではない事はよく...
今国会の最大の焦点である安全保障関連法案が『戦争できる』法案ではない事はよくわかりました。 しかし、現時点ではまだまだ法案の中身が複雑で、しかも政府与党の説明も不十分なためまったく 理解できていません。 やはり、今国会での成立にこだわらずかなりの時間をかけて丁寧に議論していかなければならない法案だと思います。 それでも、政府与党は最後は強行採決をしてでも法案を成立させるでしょうね。 法案を『違憲だ。』と反対する学者や、法案自体に反対する国民が半数以上いるというのにね。 本当に今後どうなるんでしょうか?(続きを読む)

なぜ安全保障関連法案に多くの弁護士が反対しているのですか? 安全保障関連法案に...
なぜ安全保障関連法案に多くの弁護士が反対しているのですか? 安全保障関連法案に反対する中に多くの弁護士がいますが 弁護士的に不都合なことがあるのですか?(続きを読む)





posted by wasshy at 03:46| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

強行採決 警察





主権者無視の暴挙 廃案必ず 戦争法案
憲法を破壊し、日本を「海外で戦争する国」につくりかえる戦争法案を、自民、公明両党は15日の衆院安保法制特別委員会で、与党単独で強行採決しました。安倍晋三首相自身が同日の特別委員会で「国民の理解が得られていないのは事実だ」と認めるなか、一方的な質疑 (続きを読む)

辻元氏「戦争だけはアカン」安保法案強行採決に涙
与党の強行採決で法案が可決された後、辻元氏は、報道陣の取材に、大粒の涙を流し「こんな採決は認められない。情けない。安倍政権は退陣された方がいい」と首相を批判。「こんな強行採決でさらに国民の不信感が高まることが、まったく分かっていない。まだ本会議は開かれ (続きを読む)


安保法案強行採決ですが、これで第三次世界対戦突入でしょうか?ま~でも今回はア...
安保法案強行採決ですが、これで第三次世界対戦突入でしょうか?ま~でも今回はアメリカも味方だしいいんじゃないでしょうか?自衛隊さんファイト~!(続きを読む)

案の定与党の強行採決で通過した安保法案をあなたは他人事だと思いますか?
案の定与党の強行採決で通過した安保法案をあなたは他人事だと思いますか?(続きを読む)





posted by wasshy at 14:16| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

村上世彰 学歴





エクセル---急騰で東証1部上昇率トップ、村上氏の大量保有が伝わり
エクセル<7591>は急騰で東証1部の上昇率トップ。村上世彰氏が5.15%の株式を保有と前日に伝わっている。経営陣への助言、重要提案を保有目的としているもよう。前日には、村上氏やC&Iが大量保有する黒田電気が大幅な増配を発表して株価は急伸しており、同社にも (続きを読む)

黒田電気、今期配当を大幅引き上げ 3年間の配当性向40―65%へ
... [東京 10日 ロイター] - 黒田電気 は10日、2016年3月期の1株当たりの配当予想を年94円(従来計画は36円)に引き上げると発表した。前期実績の36円から大幅な増配となる。同社は、旧村上ファンドの関係者などが運営するC&Iホールディングス、南青山不動産から社外 (続きを読む)





posted by wasshy at 23:08| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。